Latest Article


姓名判断で生き方を変えてみよう

hukugyou4

世の中というのは不思議なもので、自分の努力などだけではどうしようもないことがたくさんあります。どんなに努力しても全然報われないなんてことも少なくないわけです。 神や仏など一切信じないという人だって、こうも運が悪いと、ちょっと神頼みをしてみようかと考えるものです。 そうした神頼みもいいのですが、それだけでは運気が上向くなどと考えるのはちょっと厚かましいのではないでしょうか。もっと具体的に当たる占いなどを探して自分の運気を知ることが大事なのではないでしょうか。 そして、その結果をもって自分の生き方、ライフスタイルを見直すことが大事なのです。 そのための方法としてもっとも適切なもののひとつが姓名判断です。まずは自分の名前の画数を知ることですが、わからないのであればネット上で簡単に調べることができますから、利用してみるといいでしょう。 数字というものは実に不思議で、誰にも操作できないですし、ウソをつかないのが数字なのです。 ただ、占いの結果を知ったからといって、それを活かさなければ意味がありません。出てくる結果はひとつだとしても、その後の運気をあげることができるのかどうかはその人次第なのです。

占いという概念は世界共通

hukugyou4

占いは世界中で行われています。 特に中国や西洋ヨーロッパなどは昔から盛んで最も歴史が古い地域の一つと言えます。 日本も中国や西洋ヨーロッパの影響を色濃く受け継いでおり、日本にある占いのほとんどがそうした中国や西洋ヨーロッパから輸入されたものと考えることができます。 基本は中国や西洋ヨーロッパの物を取り入れつつ、日本人に合うようにどんどん進化してきたというのが正しい見解でしょう。 日本で生まれた物には血液型占いが有名です。 自分の血液型を知っているのは日本人だけと言うくらい日本人は血液型に興味を持ち、始めて会う人に思わず「血液型何?!」と聞いてしまうくらいです。 他の国の方のほとんどが血液型を気にした事はなく、血液型を知るメリットが無いと感じているようです。 その為血液型占いと言う物は存在することが無いようです。 ただ占いは好きでタロット占いであったり、星座占いは盛んのようです。 また、国別で独自の占いもあったりして、その国の文化が見えるようで面白いです。 中には絶対にまねしたくない、占ってもらいたくない占いもありますが、興味のある方は国別の当たる占いを検索して調べてみてはいかがでしょうか。

占いを信じる?信じない?

hukugyou4

占いを信じる人もいれば信じない人もいます。いいことだけ信じる人もいれば、全面的に信じる人もいます。一方で一切信じないという人もいるでしょう。 この占いというものですが、その種類は実にたくさんあって、占いを受けてみようと思ってもどの占いを受けるのがいいのか正直迷ってしまうこってあるのではないでしょうか。 いずれにしても、占いというのは道を示してくれるものであり、どのように行動するかはその人次第です。占いを生かすも殺すも本人次第です。占いを当たる占いとして信じるとか信じないとかはあまり意味のないことなのかもしれません。 こうした占いですが、代表的なものとしては星占いがあります。いわゆる自分の誕生日から導き出された星座によってその日の運を見極めるものですね。テレビや新聞雑誌などにも毎日のように見られます。 他にはタロット占いというのもよく知られています。特に女性に人気の占いで、カードを使うシンプルなものですが、非常に古い歴史のある占いです。使い方を覚えれば、誰でも簡単に占うことができるのも人気の理由のひとつでしょう。 他にも姓名判断などいろいろあるわけで、信じる信じないというよりも、まずは自分の運勢を開ける可能性を信じてみるのがいいのかもしれません。そして、その運をつかめるかどうかは本人次第ということです。

恋愛、結婚だけでなく仕事においても相性は大事

hukugyou4

相性占いと言うのは当たる占いとして有名で、とても身近でそしてとても重要な物と言えます。 なぜなら相性という物はどのような物にでも存在しますし、相性とは切っても切り離せない関係だからです。 特に結婚相手であったり、仕事上のパートナーとの相性はとても重要です。 結婚相手であれば一つ屋根の下に共に暮らすことになりますので、相性が悪ければ即離婚という事態にも発展しかねないからです。 離婚という結果にならなくても家に帰りたくないということになれば精神衛生上もっとも悪影響を及ぼす原因となってしまいます。 また、仕事上のパートナーにも同様のことが言えます。 特に共に独立を計画しているパートナーがいるのでしたら必ず相性占いをしてもらうことが必要です。 互いに利益の事は話し合っても、プライベートな事相性の事を話す事はないと思います。 しかし、共に会社を設立すると言うのなら腹を割ってすべてを話し合う必要があるのです。 なぜなら共同経営ともなれば互いを夫婦以上の信頼関係が無ければ無理だからです。 経営に関する方向性であったり、重要な決断は誰が下すかなど結婚生活以上に重大な事が多々あるからです。 また、騙されたり、金を持って逃げられたという方も少なくなく、やはり相性の大事さを知る必要があります。

Recent Article